引越し屋でバイトをする僕は、いつものように引越し先のお宅へダンボールを運びに行った。依頼者の奥様はとびきり美人で家庭菜園の趣味も同じだった為、いつもの仕事の何十倍もやる気に満ち溢れていた。でも、理由はそれだけではない…。美人な奥様が片づけをしながら前かがみになる度に、胸元の隙間からピンク色のビーチクがチラチラ僕を誘惑してくるのだ。作業に集中できるはずもなく、奥さんのビーチクをチラ見していると…。

おすすめの不労所得
空いた時間で家で稼げる副業


IMG_7845
IMG_7835
IMG_7836
IMG_7837
IMG_7838
IMG_7839
IMG_7840
IMG_7841
IMG_7842
IMG_7843
IMG_7844